a-doll’s diary

私の人形たちとドールハウスの記録です

お雛様コレクション3

お雛様コレクション3 小さい(8センチ位)木目込みの立ち雛。 かなり古いものと思われます。桐の箱の中で眠っていました。 男雛のちょっと吊り上がった目が可愛いですね。 昭和34年(1959年)。皇太子様のご成婚記念に売り出されたこけし雛。 奈良の…

お雛様コレクション 2

気がついたら花の三月になっています。 お雛様に登場していただかないと・・・といっても出して飾る体力は無いので、過去の写真でご紹介しましょう。 段飾りの内裏様とお荷物。 内裏様と右大臣左大臣が明治32年に作られました。 大きくて立派です。 当時お…

お雛様コレクション

1ヶ月ぶりの更新です。 立春が過ぎて日差しが春めいてきましたね。 すぐに弥生三月ひなの月がやってきます。 私は沢山のお雛様を持っています。 買い集めてコレクションをしたわけではなく、夫の生家の蔵に長年保存されていたのを、夫が私にプレゼントして…

Happy New Year

久しぶりの更新です。 私は暮れの27日に熱を出しましたがようやく元気になりましたよ。 今日はコレクションの紹介です。 2017年は日本の干支の慣わしで酉(とり)ということなので、私の鶏さんのコレクションです。 一番右のつがいは「鳩笛」で、フィ…

人形たちのクリスマス 2

玄関ロビーにツリーを飾りました。 雑貨屋さんのクリスマスツリー。 ベアちゃんもクリスマス

人形たちのクリスマス

暑い日々は家に篭っていて時間がたっぷりあったのです。 ブログの更新に時間を割けたのですが、秋は超多忙で、その上やることがのろくて気がついたら寝る時間・・・という日々が続いています。 もう降誕節。 慌ててお人形の家にもクリスマスツリーを飾りまし…

ドールハウス展覧会を開催したこと 3

最後のドールフェスティバル 亡くなった夫は「俳句」を趣味にしていました。 同人誌の人たちが、ぜひお雛様を見ながら句会を開きたいということで、うちうちに案内状をお出しして見ていただくことにしました。 夫の若い友人が雛壇を組んだり、アティックから…

ドールハウス展覧会を開催したこと 2

前年にイギリスに旅行してイングリッシュガーデンを満喫しました。 そのイメージを表現したドールハウスの新作をお見せしました。 毎年開催するのは楽しみでしたが新作を期待されるのは少し大変なことでもありました。 魔女の家はファンタジーを造る面白さを…

ドールハウス展覧会を開催したこと 1

ドールハウスが3個できました。 誰かに見せびらかしたくなりました。運ぶのは大変なので、家に飾って見に来てもらおうと閃きました。^_−☆ 古い雛人形がたくさんあったので飾ってお雛祭りとして、私の人形たちも沢山飾ったのです。 案内状は手作り。コピー機…

番外編 猫とドールハウス

猫はドールハウスが好き 私が猫を飼いはじめたのは今から7年半前です。 その頃はドールハウス作りもそろそろ最終段階に入りかけていたので、そんなに大きな大工仕事はありませんでした。 ややこしい盛りの子猫をアトリエに入れなかったこともあります。 甘…

a-dollの人形コレクション 7

テディベア 4 お裁縫ベアちゃん アメリカから持って帰ってきた娘のベアです。 パッチワークキルトが好きなベアちゃん。 娘の友人Yさんのプレゼントです。ローラ・アシュレイのベア。 白い椅子もかわいい。 ガラス戸棚に入っていた陶器のベアちゃん。アメリ…

a-dollの人形コレクション 6

テディーベア 3 ある時期テディベアのブームが起こりました。 当然わたしもマイブームにはまりました。 自分だけのベアちゃんを作りたい!! 輸入品のお店に行くとテディベアのコーナーが出来ていて、お目々とかボアの布地とか長い針とかが売られていました…

a-dollの人形コレクション 5

テディベア 2 オランダで買ってきたアンティークベア。 ボロボロのリボンを首に巻いていたので、アメリカに行った時手編みのセーターを買ってきて着せました。 よく似合いますね。 Teddy Ciown(1926)のレプリカです。 ドイツのローテンブルグのテディベアの…

ドールハウス貴族の館 4

貴族の館 4 最後に1階部分をお見せしましょうね。 1階の中央の扉を開けるとワインセラーがあります。 扉のついた壁を外すとアーチになったレンガの壁が素敵でしょう。 中にはワインの樽がいっぱいありますね。 両側は物置、作業場などになっていますよ。 …

a-dollの人形コレクション 4

世界の人形たち 1970年に大阪万国博覧会が開かれました。 私は当時病で家で養生中でした。 幼かった娘と夫が行ってドイツ館で買ってきてくれた人形です。 素敵なチロルハットを被っていましたが、飼い犬のランちゃんが噛んでめちゃくちゃにしてしまいま…

ドールハウス貴族の館 3

貴族の館 3 2階部分をご案内しましょう。 両側の階段を上がった中央がロビーです。 シャンデリアが美しいでしょう。エリザベスが時にはハープを奏でます。 右のお部屋にはピアノもありますよ。 左側のお部屋は図書室です。

ドールハウス貴族の館 2

貴族の館 2 今日は3階をご案内します。 中央は食堂。 ディナーの準備は出来ました。侍従トーマスが最後の確認をしています。 左側に台所があります。 料理長はパットモアさん。メーンディッシュは出来ていますよ。 野菜かごの野菜も、ジャガイモも、天井か…

最後のドールハウス 1

貴族の館 1 2009年製作 このドールハウスは2007年に作り始め建物は2年半かかりました。建築材料や家具の部品が1週間に1度届けられるのを楽しみながら建てました。 大掛かりな家なので難しい所も多く、どうしても2ミリほど隙間が空いたりしまし…

a-dollの人形コレクション 3

テディベア 1 この子たちは人形と言えるのでしょうか。 テディベアたちです。ベアたちと言いましたが、前列右の子はうさぎです。 うさぎといえばこの子もうさぎ。 ボストンのイザベラ・スチュアート・ガーデナー美術館のおみやげ屋さんで買いました。 庭の…

ドールハウスの温室

温室 お屋敷の隣に温室がくっついています。 床はレンガ。 天井も周りもガラス張り(実はプラスチィック)です。 窓から見るサンルーム。暖かそうですね。 天井から覗いてみましょう。 緑は生き生きと輝いています。

ドールハウス14

温室のある家 毎週届く雑誌に付いている部品で作った家です。 仲良しの友達と一緒に始めました。彼女は几帳面な性格なので指示通りの色と壁紙を使っていましたから同じではありません。長くかかって楽しみました。 開けるとこんなになっています。 1階右は…

a-dollの人形コレクション 2

人形コレクション 2 3人の小人さん Teedlewomp ( Handmade) アメリカのコロラドスプリングスへ行きました。 「Sjmpich」という手作りの人形屋さんの工房を見せてもらいました。 日本から来た人形作家と紹介されて、こそばゆい感じでしたが、雛人形や私の…

a-dollの人形コレクション 1

オーチャードハウスの木の人形 ボストンの近くコンコルドに「オーチャードハウス」があります。 オールコットが「4人姉妹」を書いた家が保存されているのです。 お家の中を見せていただきました。 4人姉妹の小さな人形が展示されてありました。 当時の様子…

旅で出会ったドールハウス 3

お庭のドールハウス バーモンド州にあるターシャ・テューダーの本を扱っていらっしゃるJさんのお店に行きました。 森の中の道を抜けると素敵なお家があってそこがターシャ・テューダーの本やさんでした。 とても歓待してくださって、娘に水仙とムスカリを切…

旅で出会ったドールハウス 2

「メアリー女王の人形の家」 ウインダー城に収められている立派な人形の家を見学しました。 (係員がパスポートを見て60歳以上は只ですよ・・・)やったー。 長い行列に並んでやっとお城の中へはいりました。 うわー立派だ〜。 全てが12分の1で作ってあ…

旅で出会ったドールハウス 1

a-doll の「ドール&ドールハウスクロニカル」も終わりに近づいてきました。 あと2個を残すのみです。 少し休憩して、旅の途中で見つけたドールハウスをご紹介しましょう。 2000年6月に行ったロンドンです。 「ベスナル・グリーン・ミュージアム・オブ…

ドールハウス 13

ドールハウス「秘密の花園」 製作2005年12月 少女の頃に村岡花子さんが訳した「秘密の花園」を読みました。挿絵は蕗谷虹児。雑誌「ひまわり」の連載でした。 1993年製作フランシス・フォード・コッポラの映画「秘密の花園」を観ました。 美しい映…

ビスクドールの顔

人形の魅力はなんといってもお顔でしょう。 洋服も大切ですが、1番目を引くのがメーキャップされた顔です。 いくつものお顔を作りましたが、これが最後のモールドでした。ビスクドールは焼成すると小さくなります。 右が型から抜いて乾かしたもの。 左が焼…

ドールハウス 12

ドールハウスの本屋さん 毎週届けられる雑誌の付録のパーツで作りました。 丁寧な説明書がついていて、小さなおうちが出来たので、本屋さんを開くことにしました。 看板は「シェークスピア」 小さな本屋さんです。 ドアを開けると、 髭を蓄えた店主がいます…

男の子

ビスクドールの男の子 男の子の人形に挑戦しました。 と言ってもメーキャップを変えて短い紙のウイッグにして男の子の服を着せるだけなのです。 木綿のブラウス。 ウールのニッカボッカとベスト。 帽子や靴も男の子向きのを作りました。

ドールハウス 11

アボンリーの学校 私は「赤毛のアン」の愛読者でした。 娘とプリンスエドワード島へ行きました。 保存されている古い小学校の建物(オウエルスクール)を見ました。 帰ってから創った私のアボンリースクールです。 建築中。 瓦をふいている所。 プリンスエド…

人形の修理

人形の修理を時々頼まれました。 大抵はパーツを繋ぐゴムが伸びきってしまっているので、ゴムを先ず新しくしてボディをしゃんとさせてあげます。 頼まれれば洋服も新しく仕立てます。 所有者が昔お祖父さまから外国土産に貰ったという人形でした。 ドイツの…

ドールハウス 10

魔女の家 2002年製作 ハリー・ポッターの本がベストセラーになって、映画も大ヒットして、ちょっとした魔法の世界ブームでした。 2002年夏、娘とボストンの近郊セイラムに遊びに行きました。 セイラムは17世紀末に魔女狩りがあったことで有名です…

ドレスのこと

人形作りの楽しみの一つにドレスがあります。 白いローンとレースでシミーズとブルーマを作ります。 アンティークな雰囲気を出したいので、家族の古着を利用します。 箪笥にしまってあった着物、それも薄いちりめんの無地が使いよいのです。 白い絽ちりめん…

ドールハウス 9

イングリッシュガーデン 2001年製作 6月にイングランドへ娘と旅をしました。 初めてのロンドンを観光してから車でコッツウオルズに行きました。 ボートンオンザウオーターのB&Bに宿泊。 インテリアのセンスに感激しました。 モデルヴィレッジを見学しま…

a-dollの市松(いちま)さん

東洋風の顔の人形 アンティークドール風の人形を目指して作り続けて来ましたけれど、西洋人の彫りの深い顔じゃなくて、日本の幼女を作ってみました。 そうしたら何と振り袖が似合うのです。 伝統的な市松人形じゃないa-dollの可愛い嬢(とう)さんが出来まし…

ドールハウス 8

レストラン 2000年製作 家の形をした小さなランプを持っていました。 壊れて電気はもうつきませんが・・・( ; ; ) こんな煙突付きのドールハウスを作りたいなと思いました。 すごい大きな煉瓦造りの煙突。 なぜモデルと反対に曲げたのか?今となっては…

私だけの人形

私が人形を好きなわけ 写真は3歳の誕生日。1939年12月。 大きな人形を抱いています。お祝いに買ってもらったのかな。 この春、妹が生まれていて私はお姉さんです。 お目めのくるくるの大きなお人形は私だけのものではなく所有権は赤ん坊の妹にもある…

笑顔の人形

笑っている人形(オープンマウス) 新しくオープンマウスのお顔に挑戦しました。 デコレイティブなドレスはちょっと違和感があるように思えて、 もめんのプリントのお洋服の方が似合うかな。 1999年製作

ドールハウス 7

フランスの花屋さん 同じ古い食器棚です。1999年製作 ただいま工事中。 1階は花屋さん。アネモネという名前は私の好きな花だから。 床はしゃれたタイル張りです。 2階にはポプリを置いています。 2件並べると南仏の街並みみたいや〜。

ドールハウス 6

フランスのパン屋さん 1998年製作 古い(戦前からの)小さい食器棚(高さ53センチ、幅50センチ)2個を夫が処分しようとしました。 一瞬閃いたものが・・・☆。 「ちょっと待って・・・私それ欲しい」とアトリエに持ち込みました。 ガラス戸が付いて…

愛しい人形たち

思い出の人形たち 学校の先輩がお嬢さんの結婚のためにと買ってくださいました。 それから2年目に阪神淡路大震災があって、お嬢さんの住まいのマンション(大阪にあります)は大揺れに揺れました。 飾り棚が倒れて、上に飾っていた人形も落ちて、顔は無事で…

ドールハウス 5

5、雑貨屋さん 1997年製作 アメリカのキットを取り寄せました。ファックスで?インターネットで?忘れました。 大草原の小さな家のローラ・インガルスやプリンスエドワード島のアン・シャーリーが買い物をしたような何でも売っている雑貨屋さんです。 …

小さな人形と小さな椅子

椅子が先?お人形が先?忘れました。 ベネチアで買った可愛い布張りの椅子。小さな小さな人形を座らせてウインドウに飾ってあったのを衝動買いしました。 やっぱりお人形を作ったのはその後です。 小さな人形(身長28センチ)はたくさん作ったはずですが、…

ドールハウス 4

4、テューダー調のドールハウス 1996年製作 1995年アメリカ、コロラド州のコロラドスプリングスのドールハウス専門店でキッドを買いました。 4軒目ともなるとかなり要領が分かってきて上手く組み立てられました。 先に壁紙を張ってから組み立てる…

新しいお人形

アトリエにキルンが来る 新しいビスクドールが出来上がりました。 普通サイズと少し小さめと。2体の原型です。 専門の型やさんでモールドを作ってもらいました。 人形用の土を流し込んで抜きます。 出てきた人形の愛しいこと。 乾かして磨いてキルンで焼き…

ドールハウス 3

3、サンフランシスコの家 1994年5月、結婚式に招待されてオレゴン州のポートランドへ行きました。 お式が済んで後は観光とショッピング。 ドールハウスの専門店に連れてもらって爆買いしました。 往路でサンフランシスコの観光をしたので思い出に特徴…

ビスクドールを作る

教室でビスクドールの講習を受けました。 ビスクドールをモールドに抜くためには制約があるので何度もやり直し。 土が抜けやすいようにツルツルの肌に磨き上げました。 焼きあがった人形のサイズは2割縮むのです。 それも計算に入れて・・・。 お教室の展覧…

ドールハウス 2

3、チロルスタイルドールハウス 味をしめてまたアメリカのドールハウスキッドを買いました。 娘がオレゴン州へ短期留学をして、その帰りに買ってきてくれたのです。 もちろん大きさは違いますが、ヴィクトリアンスタイルの10分の1の値段で買えたし、キッ…

布貼りドール

教室で布を貼った人形を作る課題が出ました。 人形作家の辻村寿三郎風のものを作るのです。 土台を完成した上に布(ちりめん)を糊付けして乾いてからメーキャップ。 ピエロちゃんの大きな目から涙が流れています。 何が悲しいの? 服はシルクだけど、昔の座…