読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-doll’s diary

私の人形たちとドールハウスの記録です

ドールハウス 12

ドールハウスの本屋さん

毎週届けられる雑誌の付録のパーツで作りました。

丁寧な説明書がついていて、小さなおうちが出来たので、本屋さんを開くことにしました。

f:id:a-doll:20160727115229j:plain

看板は「シェークスピア

f:id:a-doll:20160727112239j:plain

 

 

小さな本屋さんです。

f:id:a-doll:20160727112350j:plain

ドアを開けると、

f:id:a-doll:20160727112218j:plain髭を蓄えた店主がいます。名前はウイリアム

イメージとしては映画「ノッティングヒルの恋人」の本屋さん。

 

坊やは欲しい本が見つかったみたいですね。

ドアの内側。地球儀を創って置きました。これも映画の影響です。

f:id:a-doll:20160727112126j:plain

1階は専門書、階段を上がると児童書が平積みされています。

f:id:a-doll:20160727112650j:plain

ピーターラビットは新刊でしょうか。

ケベックの案内書は娘が撮影したこの写真を使っています。

f:id:a-doll:20030902125754j:plain

doll の本は言わずと知れたa-dollの作品が表紙ですね。

f:id:a-doll:20160727112742j:plain

犬の本はうちのランちゃんの写真、猫の本はボストンの猫です。

左端の帆船の本は、やっぱり娘の写真を使いました。製本は楽しい作業でした。

f:id:a-doll:20030828174247j:plain

カナダ、プリンスエドワード島のアンの家にありました。

シェークスピア全集がミニチュアで揃っています。すごいですね。

f:id:a-doll:20160729173624j:plain

左側の窓にも本が並べてあります。

f:id:a-doll:20160727112925j:plain