読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-doll’s diary

私の人形たちとドールハウスの記録です

最後のドールハウス 1

貴族の館 1

2009年製作

f:id:a-doll:20130311112205j:plain

このドールハウスは2007年に作り始め建物は2年半かかりました。建築材料や家具の部品が1週間に1度届けられるのを楽しみながら建てました。

大掛かりな家なので難しい所も多く、どうしても2ミリほど隙間が空いたりしました。

ドールハウスだから許されるのであって、本当のお城なら3センチも隙間があったら怖いよね。

 

このドールハウスを建築中にa-dollの最大の理解者であった夫が病に倒れました。

7ヶ月の闘病中、病院に通うわたしの心を支えてくれたのはドールハウス作りでした。

2009年春に夫は天国に召されました。

しばらくドールハウスの建築は中断しましたが、気を取り直して完成させました。

記念すべき思い出深いドールハウスです。

前置きが長くなってすみません。

 

ではご案内します。

屋根を取ると寝室になっています。

f:id:a-doll:20140306105748j:plain

ベッドの横は化粧台。化粧水は大きめのビーズで作っています。

f:id:a-doll:20140306105715j:plain

左側には箪笥があります。

中に収められた丸い箱などいろいろ楽しんで作ったものです。

f:id:a-doll:20140306105700j:plain

小間使いアンナがベッドを整えています。

f:id:a-doll:20160808113252j:plain

前の扉を開けると。

4層になっている豪華なお屋敷ですね。

f:id:a-doll:20140306110104j:plain

次回は3階をご案内しましょう。