読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-doll’s diary

私の人形たちとドールハウスの記録です

お雛様コレクション 2

気がついたら花の三月になっています。

お雛様に登場していただかないと・・・といっても出して飾る体力は無いので、過去の写真でご紹介しましょう。

段飾りの内裏様とお荷物。

f:id:a-doll:20170302090110j:plain

内裏様と右大臣左大臣が明治32年に作られました。

大きくて立派です。

当時お公家さん(まだ存在していた?)の所に呉服商人として出入りしていた夫の祖父が、納めたお衣装の残り切れを御下げ渡しいただいて、お雛様の御衣装に仕立てさせたと聞いています。

いまでも少しも痛まないでしっかりしています。

f:id:a-doll:20170302090456j:plain

衵扇(あこめおおぎ)も昔のまま、冠はビーズが大分落ちましたが修理させていただきました。

f:id:a-doll:20170302090237j:plain

男前です。美男におわします。

御手に持っていらっしゃる笏(しゃく)は失われたようで、昔のアイスクリームの木のお匙を持たされていらっしゃるようで御気の毒ですね。

一位の枝かなんかで削って差し上げたいと思いつつ・・・今日に至っています。

 

お道具は時代がまちまちですが、漆のタンス2棹と桑のタンスは古くて明治30年。

残りは大正年代と思われます。

絹のお布団と箱枕。

お茶の道具、お棚に風炉、釜、建水、水差し、棗、茶杓茶筅、お炭取りと羽ぼうき、袱紗と1式揃っています。

飾るのも楽しいし片付けるのも好きなんですけれど・・・。

 

大正8年の内裏様

f:id:a-doll:20170302095204j:plain

御簾付きの御殿に入っていらっしゃいますが、本来は屏風の前に飾られていたようで、この御殿の本当の持ち主は行方不明。

多分、戦時中の疎開のどさくさで失われたと想像しています。

少し窮屈そうでごめんね。

 

f:id:a-doll:20170302091645j:plain

昭和8年の段飾りのお雛様。

小さくて可愛い段飾りです。代々大切に扱われていたので傷んだ所、失ったお道具などありません。

 

珍しい官女をご紹介します。

狆引き官女です。ワンちゃんの尻尾もまだふさふさしています。

官女さんのお顔があどけない。

f:id:a-doll:20060227105107j:plain

 

 

昭和11年(1936年)作

f:id:a-doll:20170206112903j:plain

可愛い木目込みです。

私の生まれた年ですが、私の初雛を祝ってもらったのではありません。(ー ー;)

可愛いから夫の祖母あたりが買い求めたのでは・・・と想像しています。

 

昭和35年(1960年)木目込み。

f:id:a-doll:20170206112921j:plain

雛人形のお衣装は華やかできらびやかなものですが、このお内裏様のお衣装の色合いは渋いです。

唯一私が両親に買ってもらったお雛様で大切にしています。