読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-doll’s diary

私の人形たちとドールハウスの記録です

ドールハウス展覧会を開催したこと 2

前年にイギリスに旅行してイングリッシュガーデンを満喫しました。

そのイメージを表現したドールハウスの新作をお見せしました。

f:id:a-doll:20160913164911j:plain

毎年開催するのは楽しみでしたが新作を期待されるのは少し大変なことでもありました。

魔女の家はファンタジーを造る面白さを味わえました。

 

f:id:a-doll:20160913164233j:plain

初夏に旅行をしてその場所でインスピレーションが湧いて、秋から年末にかけて集中して製作します。年が改まったら早や作品展の準備にかからなくてはなりません。

次はカナダPEIの古い小学校を見てきて作りました。

f:id:a-doll:20160913164308j:plain

作品展が終わって一段落すると、お手伝いをしてくれた友人たちと一緒にお礼の食事会をしました。

殆どはレストランでランチを楽しみました。

「お手伝いしてくださってありがとう」

次の年は10回目になるので、しばらく休むことにしました。

くたびれてきたのでした。

f:id:a-doll:20160913164555j:plain

 

ドールハウス展覧会を開催したこと 1

ドールハウスが3個できました。

誰かに見せびらかしたくなりました。運ぶのは大変なので、家に飾って見に来てもらおうと閃きました。^_−☆

古い雛人形がたくさんあったので飾ってお雛祭りとして、私の人形たちも沢山飾ったのです。

案内状は手作り。コピー機をフル回転表うら100枚刷って、コピー機を壊しました。

f:id:a-doll:20160913165749j:plain

好評につき次の年も開催することに。

新しい作品も出来ました。

友人が私が描いた絵をコンピューターで印刷してくれました。

f:id:a-doll:20160913165432j:plain

毎年恒例となったのでした。

Macのコンピューターで作りました。絵を描くのは難しい。

f:id:a-doll:20160913165506j:plain

 

コンピューターのお絵描きは少し上達したかな?

春の始めの行事として友人や知り合いの間に浸透して、楽しみにして下さる人が増えました。

f:id:a-doll:20160913165153j:plain

プレゼントが多くなって収拾が付かなくなったので、会費を頂くことにしました。

毎年新しいドールハウスを製作するのも大変でした。でも励みにもなったのです。

次の案内状ではコンピューターに写真を取り込む技術を覚えました。

f:id:a-doll:20160913165228j:plain

新しい世紀になりました。

2000年になったからって変化はありませんでしたね。

f:id:a-doll:20160913164837j:plain

番外編 猫とドールハウス

猫はドールハウスが好き

 

私が猫を飼いはじめたのは今から7年半前です。

その頃はドールハウス作りもそろそろ最終段階に入りかけていたので、そんなに大きな大工仕事はありませんでした。

ややこしい盛りの子猫をアトリエに入れなかったこともあります。

甘える子猫が寝た隙にそろっと戸をしめてアトリエに入りました。

1階から2階への階段に上がるにはドアがあったのです。

ある夜、ベッドに入ってこない子猫を不審に思って「クルミちゃん〜」と呼びました。

何度か呼ぶと2階のどこかで小さな声が「にゃ〜〜ん」と聞こえ同時に「チリンチリン」とかすかな鈴の音が聞こえたのです。

 

2階に閉じ込められてしまったのですね。

それも廊下の隅に置いてあったドールハウスの1室で寝ている間に・・・。

いくら子猫とはいえ家具が邪魔なようで椅子やテーブルは外に放り出していました。

 

f:id:a-doll:20130311110014j:plain

実際にママに目撃されてばっちり証拠写真を撮られちゃった・・・。

証拠:1

f:id:a-doll:20110811202448j:plain

証拠:2

f:id:a-doll:20120303092130j:plain

証拠:3

f:id:a-doll:20120822113157j:plain

作品展に搬入の準備をして家具は外に出したからゆっくり座れるわ〜。

 

証拠:4 仔猫のときでした。

f:id:a-doll:20090701190744j:plain

魔女の家から出てきました。クルミは化け猫?

 

 ママが作っている所を見るのも楽しいよ。

触るとペン!て叱られるけどね。

f:id:a-doll:20160904164827j:plain

お人形さんと一緒に見てるだけ・・・。

f:id:a-doll:20100929154419j:plain

a-dollの人形コレクション 7

テディベア 4

お裁縫ベアちゃん

f:id:a-doll:20160824132747j:plain

アメリカから持って帰ってきた娘のベアです。

パッチワークキルトが好きなベアちゃん。

f:id:a-doll:20160824132504j:plain

娘の友人Yさんのプレゼントです。ローラ・アシュレイのベア。

白い椅子もかわいい。

f:id:a-doll:20160826113731j:plain

ガラス戸棚に入っていた陶器のベアちゃん。アメリカ生まれです。

お腹のところがパカッと開いて指輪などが入れられます。

a-dollの人形コレクション 6

 テディーベア 3

ある時期テディベアのブームが起こりました。

当然わたしもマイブームにはまりました。

自分だけのベアちゃんを作りたい!!

輸入品のお店に行くとテディベアのコーナーが出来ていて、お目々とかボアの布地とか長い針とかが売られていました。

そのうちセットになったのも手芸屋さんに出回りました。

それがこの子たちです。

4匹作ったところでマイブームは終わりました。

もう1匹はどこへ行ったのかな?

f:id:a-doll:20160823153820j:plain

イングランドのバースに行った時、ドールハウスのお店で見つけました。

小さいのに結構なお値段でした。

f:id:a-doll:20160823112910j:plain

この子も小さいですね。

f:id:a-doll:20160823113945j:plain

ベアたちのセーターを整理しました。

今は猛暑の日々なのでどの子もセーターを着たがりません。

f:id:a-doll:20160823131104j:plain

どれも手編みです。

友人Aさんが編んでくれたベアたちへのクリスマスプレゼントとコロラドで買ったのもあります。

a-dollの人形コレクション 5

テディベア 2

f:id:a-doll:20160811103818j:plainオランダで買ってきたアンティークベア。

ボロボロのリボンを首に巻いていたので、アメリカに行った時手編みのセーターを買ってきて着せました。

よく似合いますね。

f:id:a-doll:20160811104443j:plain

Teddy Ciown(1926)のレプリカです。

ドイツのローテンブルグのテディベアのお店で買いました。

f:id:a-doll:20160810165029j:plain

イングランド、ブロードウエイのテディベアのお店に行きました。

 

f:id:a-doll:20160812173038j:plain

セーターは友人Aさんの手編みです。

f:id:a-doll:20160811103430j:plain

お土産用ベアちゃん。

f:id:a-doll:20160812171015j:plain

姪がくれました。あどけない表情が愛しいです。

f:id:a-doll:20160811105831j:plain

ドールハウス貴族の館 4

貴族の館 4

最後に1階部分をお見せしましょうね。

f:id:a-doll:20140306110736j:plain

 

1階の中央の扉を開けるとワインセラーがあります。

f:id:a-doll:20160808112147j:plain

扉のついた壁を外すとアーチになったレンガの壁が素敵でしょう。

f:id:a-doll:20111214143723j:plain

中にはワインの樽がいっぱいありますね。

f:id:a-doll:20160808112918j:plain

両側は物置、作業場などになっていますよ。

右の部屋は庭仕事の準備室。ハンサムな下僕ですね。名前は・・・ディコン。

f:id:a-doll:20140306105116j:plain

左の部屋。階段を上がってお屋敷の裏に出られるのです。

瓶詰めのワインを運んでいるのは・・・トム。

f:id:a-doll:20160810154136j:plain