読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-doll’s diary

私の人形たちとドールハウスの記録です

初めてのドール

 

人形作りのお教室に通って初めてアンティークドールを完成しました。

記念すべき作品です。

1982年作。

ドレスは私のシルクのコートを解いて造りました。

ブローチはアンティークのアメジストです。

f:id:a-doll:20160628153844j:plain

油絵を描いていたので、モデルにするアンティークドールが欲しかったのですが、目玉が飛び出るほど高いし・・・仕方なく自分で作ろう!!と習いに行ったのですが、その後油絵の絵筆も絵の具もかちかちに乾いてしまって2度と使うことは有りませんでした。

f:id:a-doll:20151215100111j:plain

次の年に教室の展覧会があって、ボディも紙粘土で必死に作った子。

ドレスは娘の残り切れを少し薄ピンクに染めました。

靴は既製品(ドイツ製)、靴底に木馬の判子を押しました。「a-doll 」ブランドのつもりですね。

f:id:a-doll:20020519113106j:plain

1984年作。

ドレスはやっぱり私のお古。長く着古したシルクのブラウスです。

隣にいるのはムンムちゃん。何度も洗っています。

この子たちはすっかり本物のアンティークドールになったようです。