読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a-doll’s diary

私の人形たちとドールハウスの記録です

愛しい人形たち

思い出の人形たち

学校の先輩がお嬢さんの結婚のためにと買ってくださいました。

それから2年目に阪神淡路大震災があって、お嬢さんの住まいのマンション(大阪にあります)は大揺れに揺れました。

飾り棚が倒れて、上に飾っていた人形も落ちて、顔は無事でしたがボディ(全パーツ私が焼いたビスク)の胸のところがぐしゃっと割れてしまったのでした。

落ち着いてから人形を預かって、胸の部分を新しいのに付け替えました。

ビスクドールは焼き物なのでヨーロッパでは長い年月愛されています。水に浸かってもどうもなりません。

だからアンティークドールの存在があるのですが、食器と一緒で割れたら壊れてしまうのです。ご家族は無事でお人形も無事に再生できて本当に良かったです。

1993年製作  43センチ

f:id:a-doll:20160712113650j:plain

f:id:a-doll:20160712160255j:plain

f:id:a-doll:20160712114118j:plain

f:id:a-doll:20160712114155j:plain

f:id:a-doll:20160712161327j:plain

f:id:a-doll:20160712114012j:plain

どのお人形さんも私の手から離れて行きました。

どこかで誰かに可愛がって頂いていることでしょう。